(出典 www.sankeibiz.jp)



1 ひよこ ★ [NL] :2020/10/16(金) 07:41:11.52

https://mainichi.jp/articles/20201015/k00/00m/040/161000c
会員限定有料記事 毎日新聞2020年10月16日 03時00分(最終更新 10月16日 03時00分)



(出典 cdn.mainichi.jp)



 学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)の資金21億円を着服したとして業務上横領罪で起訴された元理事長、大橋美枝子被告(62)について、大阪国税局が横領資金の全額を個人の所得とみなし、21億円の申告漏れを指摘していたことが関係者への取材で判明した。過少申告加算税を含む追徴税額は約11億円とみられる。

 起訴状などによると、大橋被告は、東証1部上場の不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市中央区)の前社長、山岸忍被告(57)らと共謀。2017年7月、法人が運営する明浄学院高校(同市阿倍野区)の土地売却で得た手付金21億円を別の会社に移し、着服したとされる。

 大橋被告は公判で、「学校法人を買収する際に借り入れた18億円の返済に充てた」などと起訴内容を認めている。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文783文字)