(出典 hakama-bijin.com)



1 朝一から閉店までφ ★ :2020/06/29(月) 05:59:31.45

2020年6月29日 5時17分

 明治時代の女性が髪を切った時に千葉県に届け出る「断髪届」が、同県白井市の民家から見つかった。文明開化で男性はまげをやめたが、女性が髪を短くしてまげをやめることは禁止され、届け出をしないと罰せられた。市教育委員会の戸谷敦司・学芸員は「女性に伝統的な美を守らせたいという、当時の価値観を示すとみられる貴重な資料」と話している。
 市教委が谷田(やた)地区にある旧家の井上家で行った古文書調査で見つかった。日付は1876(明治9)年10月25日。井上家長男の妻が長患いが治るよう願をかけて7月に髪を切った、と義父らが届け出ている。押印されていないことから控えとみられるという。
 71年に「散髪脱刀令」が出され、「ざんぎり頭をたたいてみれば、文明開化の音がする」と歌われたように男性の断髪が進んだ。女性でも髪を切ってまげをやめる人が出てきた。まげは油で固めるため、洗髪は半日がかり。夏場でも月に1度洗髪できるかどうかで、悪臭のため頭痛に悩まされる人もいたという事情もあったようだ。

https://www.asahi.com/articles/ASN6V76NDN6RUDCB00K.html


(出典 www.asahicom.jp)





23 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 06:45:41.00

>>1
明治のネトウヨか


24 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 06:49:08.92

>>1
当時はトリートメントとかなかったのに髪の毛絡んだりはどうしていたのか…長髪キープたいしたもの。ごりっぱ


2 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 06:01:00.14

オマエラには不要な届だな


4 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 06:10:43.70

>>2 関係あるよ。届け出ずにハゲたら罰金だ。


5 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 06:11:28.08

日本の家父長制の時代において
女は家長の所有物だったので髪を勝手に切るなど言語道断
昔の女は人間ではなくモノとして扱われていた
なので名前も男に比べて女の名づけはテキトーである
今でも日本人男性が結婚の時に
「お父さん、娘さんを僕にください」と相手の家の父親に申し込みをするのは当時の名残


10 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 06:18:48.79

>>5
今どき「ぼくにください」なんて言わないよ
30年前に自分が結婚したときも「下さい」とは言わなかったし、
2年前娘が結婚したときも、娘婿は「結婚いたします」みたいな感じだったし


21 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 06:40:28.51

>>10
はえー今時はそうなんか
昔ならリテイク出されそうやが


25 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 06:56:41.40

>>5
娘さんを下さいは実は
あなたが*だら財産を娘を通して僕に下さいの意味だから
事前の承諾は重要


32 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 07:27:02.95

>>5
最高齢のおばあちゃんの名前って田中力子さんだしなぁ。金さん銀さんとか名前がすごいな


27 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 07:09:51.51

いかにも日本がやりそうな法令
形をかえ、意味不明な抑圧的な圧力はあるのは遺伝子のせいなんだなあ


29 不要不急の名無しさん :2020/06/29(月) 07:11:56.59

>>27
欧米の凶悪な同調圧力見た後じゃそんな煽りも影が薄いよねw